ネットキャッシング活用術ガイド

*

いつでもどこからでも借り入れ可能なネットキャッシング


6c5e92fc14672d907f473aa2041745ba_s


インターネットに接続できる環境さえ整っていればいつでも申込ができ、審査を通過し、契約できるとインターネットからの手続だけでお金を借りることができるネットキャッシング。安定した収入としっかりとした身分証明があれば誰でも申込ができ、必要な書類などもインターネットを通して提出できるため、誰にも分かられることなくお金を借りる事ができます。

一度契約してしまえば、後は24時間いつでも、インターネットが繋がっている環境ならどこにいても、借り入れや返済が自由にでき、お金を借りる際、人を介さなくても良いため、気軽に借りる事ができます。

ネットキャッシングはいまや多くの業者が融資の一環として取り入れています。消費者金融等は無人契約機や実店舗、銀行系は実店舗での融資もありますが、ネットキャッシングはわずらわしいやり取りなどが非常に少なく、審査も早い所が多いため非常に人気のあるキャッシング方法です。


今人気のネットキャッシングの魅力

ネットキャッシングは24時間いつでもどこでもインターネットが繋がる環境さえ整っていれば申込みや契約が可能です。通常キャッシングをするといえば、実際店舗まで行くか、無人契約機まで出向いて申込をする必要がありましたが、ネットキャッシングは実際の店舗などに出かける必要がないため、家族などに知られることなく契約ができ、職員とのやり取りも少なくて済みます。

また、ネットキャッシングでももちろん審査はありますが、必要事項は全てインターネットで送信するだけですし、とても早いので午前中に申込が完了すれば午後にはキャッシングできるのも魅力です。銀行口座を指定して振り込みキャッシングを利用すれば、ATMに行く際、銀行のカードがあれば引き出すことができるため非常に便利です。

ネットキャッシングを採用している業者の中には、内部審査のみで、会社への本人確認の電話や、自宅への郵便物などもない所、提携を結んでいる銀行の口座を持っていなければネットキャッシングの申込ができない所、専業主婦でも借り入れはできるけれど、審査の段階でご主人の会社に確認の電話が入る所など、独自の特徴を生かしているところが多いです。

色々な業者を比較検討し、自分に合ったネットキャッシングが行える業者を見つけましょう。


ネットキャッシングの審査はなぜ早い


9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s


一昔前までは消費者金融や銀行からお金を借りるのはちょっとした覚悟が必要なくらい大変なことでした。消費者金融や銀行に直接出向き、担当職員にお金を借りる事情や返済についての計画などを話し、その上で業者がそれぞれの方法でその人の審査を行なって、審査に通ればようやくお金を借りることができたのです。

もちろん直接店舗に出向くため、家族や近所の人たち、親戚や友人などにお金を仮に行ったことがばれてしまう事も多く、インターネットが普及していない間はやり取りは全て郵便や電話で行っていたので、会社名の入った郵便物が届いて家族に知られてしまったり、わずらわしいやり取りをしなければならないこともありました。

インターネットが普及し、人に知られずにお金を借りたい、わずらわしい手間や会話を省きたいと言う人たちに人気が高まったのがネットキャッシングです。ネットキャッシングはキャッシングまでのスピードを重視しているため、即日融資を謳い文句にしているところから、審査が甘いのではないかと言ううわさがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。


うそ?本当?ネットキャッシングの審査が甘いと言ううわさ

一般的なキャッシングで行われる審査と基本的には同じ項目が設定されています。金融業者はボランティアでお金を上げている会社ではないため、どんなに審査が甘くても返せる能力のない人には審査を通過させません。

一般的な審査基準の中から、ネットキャッシング業者独自の審査基準を設け、それにしたがって厳しい審査を行っています。つまり、一般的な審査項目の中で、どこの項目を重視するかによって審査結果は若干異なってきます。多くの業者は次のような項目を重視しています。

他社の借り入れ状況に関しては、借り入れの総額ではなく、借り入れ件数が重要視されます。多くの業者から借り入れしている人ほど審査は通過しにくくなります。勤務先や勤続年数も重要事項です。

安定した会社であるかどうか、その会社に安定して働くことができているのかをチェックします。電話があるかどうかも一つのチェックポイントです。

今は一人一台携帯電話やスマホを持っている時代なので固定電話も携帯電話もない人はいないとは思いますが、申込時に電話の記載がなければ何かあったときの連絡ができないため審査を通過できません。

居住形態も審査の重要事項です。貸し家やアパートなどの場合夜逃げなどをする可能性が高くなるため、持ち家の人より限度額が下がります。このような独自の審査基準で厳しく調べられた上、審査を通過することができた人が契約することができます。

しかし、実際には一般的な審査に比べるとやはり審査は若干甘くなるようです。だからといって短期間の内に複数の業者に申込を行なうと申込ブラックと言うレッテルが付き、危険人物と判断されてしまうことがあるので注意します。

また、申込の際、うその記載をすると審査の段階でばれ、審査に通らなくなってしまうので、うそは絶対に応えないでください。



記事